引っ越しになりました♪

当サイトはコチラに引っ越しになりました^^


金融資産の金利と満期までの期間との関係を金利の期間構造という。
もしも将来の短期金利の動きが完全に予想できるのであれば、現在の
金利の期間構造は将来の短期金利の動きによって決まるはずである。

例えば10年間資金の運用を行う場合に、10年満期の国債に投資する
場合と、期間が1年の国債を購入して毎年乗り換えるという方法が
あるが、どちらかの運用方法が有利であれば、残りの方法で運用する
人はいないはずだ。こうした意味で、長期金利はその投資期間の短期
金利の平均となることが考えられる。こうした考え方が、金利の期間
構造に関する期待仮説である。

実際には、将来の短期金利の動きは予想に過ぎないので、10年間経っ
てみてその間の短期金利の平均が現在の10年の長期金利と一致すると
は限らない。また、長期間資金を固定することによって別の投資機会
を失う危険があることや、政府でも投資期間中に財政が破綻して資金
が回収できないという可能性はゼロではない。このため長期金利は
予想される短期金利の平均にリスクプレミアムが上乗せされて決まる
と考えられいる。

上記の様に長期金利が将来の物価変動の予測によって左右されるのは、
物価上昇率が高まれば日銀が金融引締めを行ってインフレを抑制する
など、短期金利が上昇すると考えられるからである。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


[PR] 日経225 SEO システムトレード 性病
薬剤師さんの転職はマイナビ薬剤師などを利用しましょう。最新の求人を検索できます。
過去の借入をまとめる場合、(まとめローン)のランキングを見れば大手のキャッシング会社が一目瞭然!!
医師の職変えは医師求人<http://xn--gmqq3i9tli9n.ws/>の上位サイト、医師転職ドットコムなどを参考にしましょう。

<<金利関連最新ニュース>>


Copyright (C) 2007 利回りなび All Rights Reserved.